サイトマップ

管理人について

3×歳の主婦です。

私が実際に体験した病
周りが体験した病

なぜ病気になったのか
どのように克服してきているか
をまとめていきます。

カテゴリ

期外収縮(不整脈)

不整脈とは、脈が正しいリズムで打たない、または「脈が速すぎる」「遅すぎる」などの問題を抱えてしまっていることを言います。

中高年になれば、多かれ少なかれ不整脈で悩む人が出てきますが、時にその問題が深刻になってしまうこともありますので、注意をしなくてはなりません。

その不整脈が原因で起きた体験をご紹介します。

『42歳でおきた身体の異変』
こちらに、期外収縮(不整脈)が原因で起きた、壮絶な体験談が記載されています。
>>>http://www.e-ranyu.com/kameisan/

この男性は、42歳で心臓に異変が起きていることに気付いた様です。
運動がすきということもあり、健康管理に関しては非常に高い意識を持っていたこの男性ですが、ある時をきかっけに「風邪が治りにくい」「調子が悪い」などということを自覚し始めます。
ここから不整脈による体調不良が始まっていたのでしょう。
しかし、多くの人は「自分の体調不良の原因がこれにある」なんて、思いもしないでしょう。
男性がはっきりと不整脈に気付いたのは、寝ていた時に起きた動悸でした。

この疾患は中高年になればなる確率が高いもので、イコール酷い病気、と言い切ることはできません。
でも、男性の場合はどんどん症状が悪化し、夜だけでなく日中にも不整脈が出る様に。
その影響は身体にもおよび、少し運動をしただけで脈が上がってしまうほどに。
この様な状態になると、多くの人は「心臓が止まるのではないか」という不安になられます。

いつ症状が出るかと思うと、仕事に集中もできない。
想像してみて下さい、突然脈拍が速くなり、動悸が止まらなくなることを。
仕事に打ち込むことができなくなった、という彼の気持ちを、多くの人が理解できるでしょう。

文章の中に、「デバスという薬しか処方されない、本当に辛いのに」という言葉があります。
恐らく、医学的にはこの薬のみの処方が正しいのでしょうが、不安に陥っている男性は、その状態にもどかしさを感じていたのでしょう。
「もとの身体に戻してくれ」という、彼の悲鳴を聞いた様です。

・悩みから解放されたきっかけ
この様な悩みを持っている人が、悩みから解放されるきっかけとは、意外なところにある様です。
男性は、サプリメントに出会ってから、この症状から解放されたと書いていますよね。
あきらめずに方法を模索すれば、男性の様にもとの様な健康な生活に戻れるかもしれません。
「決してあきらめないこと」。
その大切さを、教えてくれた体験談ですね。