サイトマップ

管理人について

3×歳の主婦です。

私が実際に体験した病
周りが体験した病

なぜ病気になったのか
どのように克服してきているか
をまとめていきます。

カテゴリ

不眠症

○辛い辛い「不眠症」

実際に不眠症になった人の体験談をみると、そこには「不眠症のつらさ」が切々と書かれています。

とても辛い症状なのに、なぜか理解されることが少ない不眠症。どんなに辛い病気なのかを見ていきましょう。

 

○とにかく、眠れない

不眠症の人体験談を読むと、どんなに寝ようと思っても眠ることができないという症状を打ち明けています。

「眠くても眠れないなんていいな」と思うかもしれませんが、事態はそんなに簡単ではありません。不眠症になった人の多くが、非常に多いストレスを抱えていることが関わっています。ストレスが強すぎると、自律神経に影響を与えて脳が正しい信号を送ることができなくなってしまいます。このことから、不眠に苦しむ人が多いと言われています。体験談で不眠症になった人の話を聞いてみると、「布団に入っても延々と色々なことをかんがえてしまい、考えるなと思ってもそれが途切れることはなく、どうしても眠れない」という症状を打ち明けています。本当に辛い病気であることが、そこから解りますよね。

不眠症に苦しんでいる人は、「寝たくても寝ることができない」というつらさの中で、本当にいろいろなものと闘っていることが解ります。

 

○でも、理解されない

寝たくてもんることができない。

こんなに辛い病気は他にないのではないか?と思うくらい辛いのに、なぜかこの病気のつらさというのは理解されません。「早く寝ればいいじゃない」などと言われてしまい、「だから寝たくても寝られないんだ」ということを訴えても、理解してもらえないという人がたくさんいます。とても悲しいことです。不眠症は命に係わるという可能性も少ないと思われるのか、「緊急性の高い病気」として多くの人がみてくれません。体験談では、このつらさが如実に表れており、「もっと理解してほしい」という人が多くの声を上げています。とても辛い病気なのに、「そうでもない」という様に見られてしまうのは本当につらいことなのでしょうね。

理解されないこの辛さっからストレスがたまり、さらに症状を悪化させてしまっている人がたくさんいます。とても切なく、悲しいことです。

 

○もっと知識を

体験談を見て驚いたのは、あまりにも世の中に「不眠症の知識」が浸透していないこと。

不眠症得苦しむ人は決して少なくありません。それにも拘わらず、こんなにも理解されないという状況あ何とかしなければなりません。この理解の低さをどうにかしなければならない…そんなことがよく解る体験談です。