サイトマップ

管理人について

3×歳の主婦です。

私が実際に体験した病
周りが体験した病

なぜ病気になったのか
どのように克服してきているか
をまとめていきます。

カテゴリ

歯周病

歯周病は、歯に付着して歯茎との隙間に溜まった歯垢に歯周病菌が感染して起きる病気です。
歯ぐきが痩せて、歯や歯を支える骨が溶け、最悪歯が抜け落ちてしまいます。

歯の腫れが気になって受診

歯が腫れて少し傷んだので歯医者に行きました。
それに、この1年ぐらい前から口の中がネバネバして、気持ちが悪く、口臭がしているのではないかという不安もありました。
歯医者へ行くのは5年ぶりぐらいでした。

医師からは、歯周病にかかっていて、それが原因の歯肉炎だといわれました。
早急に治療しなければ、歯周病が進行して、口臭のひどくなるし歯が抜けるリスクもあると説明されました。
その日は炎症を抑えるために抗生物質を処方されました。
炎症はすぐに治まったので、3日後に再度歯医者に行って歯周病の治療を始めたのです。

以前から口臭のことが気になっていたので、この機会にきちんと治療しようと思いました。
医師の説明では、今のうちに治療すれば、治療方法は大掛かりなものにはならないということでした。
それでも、最低3か月はかかるといわれたので、その時には、少し面倒だと思いましたが。

娘が実は口臭が気になっていたと教えてくれました。
今回の歯肉炎はいいきっかけを作ってくれたようです

治療はすぐ効果が出る

治療方法は、歯周ポケット掻把術です。
掻把と聞いて怖い印象を持ちましたが、よく聞いてみると、ごく初期の歯周病治療だそうです。
治療回数は、全部で6回です。期間は3、4か月以上かかったと思います。
歯茎に麻酔をかけるので、麻酔注射がチクっとするぐらいで痛みはありませんでした。

実は歯医者さんは嫌いだったのですが、この治療は効果がすぐに実感できるので、治療に前向きな気持ちになれました。
今まであまり意識していなかったのですが、この治療をしてから、歯ぐきが引き締まる感じがわかるようになりました。

基本的な歯のケアの指導を受けました。
朝夕の歯磨き、食後の歯磨き、歯ぐきのマッサージなどです。
それと、毎日同じ順序で歯磨きすることも教えてもらいました。
そうすれば磨き残しがなくなるそうです。

費用は一回5,000円以内で治まっていました。

口臭が気になる人にアドバイス

口臭の原因はほとんどが歯周病だそうです。
軽いうちなら、基本的なケアを実践するだけでも歯周病は改善するそうです。
実はこの時に初めて、正しい歯の磨きかたを教えてもらいました。
また、歯間ブラシも使うように指導されました。
もっと早くにこういうことを知っていたら、歯周病にはならなかったと思います。

もし、歯周病が悪くなって、歯が抜ける事態になるともっと大掛かりな手術をしなければいけないそうです。
それに、どんなに手術をしても一度抜けたはもとには戻りません。
半年に一度は歯医者さんに行く習慣をつけたほうがいいですよ。