サイトマップ

管理人について

3×歳の主婦です。

私が実際に体験した病
周りが体験した病

なぜ病気になったのか
どのように克服してきているか
をまとめていきます。

カテゴリ

脳腫瘍が見つかって

脳腫瘍が見つかってから、我が家はひっくり返った様な騒ぎに。

何かはあると思っていましたが、まさか脳腫瘍だったなんて誰も想像しませんでした。さらに、既に片目は失明していたこともわかりました。これは、脳腫瘍が大きいあまり、視神経が圧迫されて失明に至ったと・・・なぜ、こんな大変なことになっているのに、父は家族に何も言わなかったのでしょう。

さらに、病気の発覚とともに色々なこともわかりました。

母が父の職場に「脳腫瘍だった」と話をしたところ、上司が父の様子について教えてくれたそうです。

それによると、最近の父はまったく仕事をせず、言われた仕事をこなすこともできず、それを注意してもぼんやりとするだけで、誰が見てもおかしい状態だったとか。この為「何かある」とは思っていた様です。

この話を聞いて、私はゾッとしました。

こんな状態の父に、母は車を運転させていたのです・・・。

さらに、会社の人がこんなに「おかしい」と思っていたのに、私も家族もまったくそれに気付かなかった。

当たり前ですが、父は即入院になり、そこで手術をすることになりました。

 

●母との衝突

父の病気が発覚してから、私と母の仲はますます険悪になりました。

脳腫瘍のことがわかってから、母が一番に心配したのは父のことではなく、自分の生活のことでした。「働いてもらえないと、お金が・・・」と、そればかり。

片目を失明していた父は、もともとの視力の悪さでもう一方の目も悪くなっていましたが、母は「完全に失明してくれないと、保険金が下りない」とまで言ったのです。これには、私どころか弟までもが怒る事態に。

「こんな病気になって、私の人生を返してほしい」とこぼすし、私と母はますます激しいいい合いをする様になったのです。

私も、とくに父がすきなわけではありませんでしたが、母のこういう常識のない言葉に怒りを感じていたのです。なぜ、こんなことが言えるのかも理解できませんでした。

そんな間に父の手術の日が決定。

しかし、とても大きな腫瘍なので「取りきれない可能性もある」ということでした。

 

この時、私は「家族ってなんだろう」と思っていました。

私は父がこうなっても特に心配と言うわけでもないし、母に関しても同情ができず、ただひたすら両方に「怒り」を感じている状態でした。病気のことを言わなかった父も、グチグチうるさい母にもイライラする。それだけです。この時は毎日イライラして、家族と縁を切りたいくらい思っていました。わが屋は、こういうつめたい関係だったのです。