サイトマップ

管理人について

3×歳の主婦です。

私が実際に体験した病
周りが体験した病

なぜ病気になったのか
どのように克服してきているか
をまとめていきます。

カテゴリ

原因はストレス

症状の改善が見られないので、病院に行った次の日にもう一度行ってみることに。

医師いわく、「耳も綺麗な状態だし、聴力も正常だし(先天性で片方の耳の聴力が悪いけれど)、何が原因なのかわからない」ということでした。

しかし、ここで救いだったのは「きちんと耳は聞こえている」ということです。

突発性難聴、メニエール病、考えられる症状はたくさんありましたが、特徴は「聴力が低下すること」だそうで、それに当てはまらない私は、恐らく難聴の可能性はないだろうと。

しかし、難聴という症状が出ないのに、耳の病気なのだろうか?という話になりました。

「もしかしたら、メニエール病になりかけているかもしれない、何かストレスを感じることはありませんでしたか」。

医師にそう聞かれた私は、息子のことを打ち明けました。

息子が障害児であること。

そのことがショックで、診断から時間が経過しても、受け入れることができないこと。

毎日ストレスの連続で、子供の障害のことが頭から離れないこと。

すると医師は、「ストレスは一番身体によくないことなので、ますはそれを解放してやらなければなりません」「ステロイド剤と一緒に、安定剤を出すので、飲んでください」と言ってくれました。

その日は、子供の寝かしつけをする時に私も一緒に横になり、眠ることに。

医師からもらった安定剤が効いたのか、いつもより深く眠ることができたように思います。

 

それが良かったのでしょうか。

それとも、ステロイド剤の効果が出てきたのでしょうか。

徐々に耳鳴りがなくなり、吐き気がおさまり、もとの生活をおくれるようになったのです。

毎日、朝起きるたびにちょっとずつ状態が良くなっていくことに、ほっとしたことを覚えています。

 

・ストレスと耳の病気

その後に調べてみたら、ストレスと耳の病気には密接な関係があるということが解り、本当に驚きました。

メニエール病や突発性難聴も、ストレスが原因で起きることが多いそうです。

ストレスというのは、こういった病気の誘発になるのだな・・・と、私は本当に驚きました。

メニエール病は、症状が治まることはあってもまた出てくる可能性がある病気ですし、突発性難聴は、聴力がなくなってしまう可能性もあります。

歌手の浜崎あゆみさんも、突発性難聴で片方の耳の聴力をなくしていますよね。

こういう病気になる可能性もあるストレスは、本当に怖いものなのだ・・・というのが、一連の症状を経験して感じた私の感想です。

ストレスって、本当に怖いです。