サイトマップ

管理人について

3×歳の主婦です。

私が実際に体験した病
周りが体験した病

なぜ病気になったのか
どのように克服してきているか
をまとめていきます。

カテゴリ

他の子供をみること

障害児の親御さんの体験談をみて、よく書いてあるのが「他の子供のこと」。

当たり前だけど、世の中は障害児より健常児の方が圧倒的に多いです。私の周りもそうだけど、周りの子供はみんな健常児。だから、そういうことがネックになってしまうことってあります。

私たちみたいに、「健常児が生みたかったけど残念ながら障害児だった」という人間にとって、健常児はすごく眩しい存在。私も、友人の子供を通してそれを見てきたから解ります。

こちらから何かを教えなくても、どんどんいろいろなことを吸収してくれる。

教えなくても、ある程度の危険は解っている。

何より、健常児の場合は親と子供の関係が強固なんですよね。

私の子供はどちらかというと「ママ大好き」で、そのあたりは他の子とあまり変わりませんでしたが、ほかの自閉症のお子さんの中には「親を親として認識しない」という子が結構いました。

そういう子にとって、親御さんは「便利屋さん」なんですよね・・・愛情ではない、「この人は自分のためにいろいろやってくれる人」みたいな存在。そこから愛着をひろげていくわけですが、そういった作業のことが「辛い」とこぼす人がいました。「親なのに、親だと思ってもらえない」って、愚痴をこぼす人の姿をけっこう見てきました。確かに、「辛いよな…」と思うことってけっこうあります。

うちの場合、なかなか喋らなかったからそれが一番つらかったですね。

なんでうちの子供は喋ってくれないんだろう、ほかの子はあんなにしゃべってるのに・・・という気持ちがすごく強かったです。特に、うちの周りのこはみんな言葉が早かったから、うちの子は言葉の遅さが際立ってました・・・。

でも、「羨ましい」とは思っても。「にくい」と思うことはなかったかな。それを思ったら終わりだと思っていました。

私はプライドが高いから、「にくい」みたいに思ったら「他の子をひがんでる」みたいになって、馬鹿にされるのかなって思っていました。だから、羨ましくは思ってもそれ以上のことを口に出すことはしませんでした。

でも、家に帰ってから「いいなあ」ってなくみたいなことはしょっちゅう。正直、病んでたな~と自分でも思います。

 

でも、さすがに今は他の子を見てそこまで思わなくなったかな。

他の子供と比較してる場合じゃない!ってことに気づいたので。自分の子供をどうするかですごく悩んでいます。

他の子供のことを考えるような余裕はなくなったなあ。毎日余裕がないってことなんでしょうね・・・。