サイトマップ

管理人について

3×歳の主婦です。

私が実際に体験した病
周りが体験した病

なぜ病気になったのか
どのように克服してきているか
をまとめていきます。

カテゴリ

なんだか納得がいかない

●子供の苦しみは理解されても…

ここで、ちょっと子育てに関する私の悩みを吐き出させてください。

私は、子育てをするうえでどうしても納得がいかないことがあります。

子供の障害が解ったとき、医師や担当の心理士に
「お母さん、ショックを受けているのは解るけれど、子供のために前向きにがんばっていきましょう」と言われました。
発達検査の結果が出て落ち込んでいるというのに、「早い方がいいから」という理由で療育を入れられ、
診察を入れられ・・・そのスケジュールをこなすことに私はとても必死でした。

今ならわかります、当時の医師も心理士も、
私と私の子供を支えるために頑張ってくれたのだと。

でも、当時の私は「何の心構えもできていないのに、いきなりあれをやりましょう。
これをやりましょうと指示ばかりをされて、本当にストレスだ」と思っていました。

正直言って、「なんでこんなことしなくちゃいけないの」とイライラした気持ちも持っていました。

なんていうか・・・親の気持ちそっちのけで物事は進んでいくんだな、と思いましたよね。

私がどう思うとか、どんなことがつらいとか、そんなことはどうでもよくて、
「子供のために必死に頑張っている親がすごい」みたいに言われる。

私は親の中ですごい劣等生というか、ダメな親なんだといわれているような気がしました。

 

たぶん、世の中には子供の障害が解っても平然としている人がいて、
「子供のためならどんなことでもできる」という人が多いのだと思います。

でも、私はそうじゃなかった。子供が障碍児なんて絶対に嫌だと思っていたし、
はっきりいって当時は「どうして子供を産んだんだろう」くらいに思っていました

どうしても、自分の子供に障害があるという現実を認めることができなかった。

そういう気持ちを押し殺して、子供のために必死に頑張れる親が素晴らしいといわれていました。

でも思ったんです。そういう親って本当にいるの?って。
本当にそこまで頑張れる親っているのでしょうか。私は療育に行くたびに
「お母さんが受け入れないと」とか「お母さんが頑張らないと」とか散々なことを言われて、
それが本当にきつかったです。

受け入れたいと思ったって、できないんだよ!と言いたかった。

でも、それができる親が素晴らしくて、私みたいな親は劣等生なんですよね。
いまだに納得がいかないです。子供の障害が解ってもニコニコしていて、
「私は大丈夫」みたいな顔をしている人ってどれだけいるんだろう。
少なくとも、私には無理です。できないです。